スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

05.27. 福岡史朗「朝のステーキ」発売記念ライブ @ 渋谷BYG



<出演>
福岡史朗バンド
ボーカル 福岡史朗
ギター 松平賢一
ベース 三輪雅之
ドラム 大久保由希
<ゲスト>
ライオン・メリイ
桜井芳樹(Lonesome Strings)
藤原マヒト

ずっと待ち望んでいたワンマン。フルバンドでしかもこのゲストって。
ほんと仕事とか入らなくてよかった。

たっぷりアルバムの世界(+α)を生で堪能して幸せ。
ていうか、俺だけじゃなくて会場みんなが幸福なライブでした。

福岡さん、玄人筋の評価は大変なものだし、もっともっと多くの人が聞くべきだと思います。「ワウワウうさぎ」「ウーララ」などはオアシスの「Don't Look back in anger」ばりに全員で大合唱したい。
こんなセンスの固まりみたいな人、知らない人は恥じるべきだ。

アンコールは超絶名曲「サンタイガー」

↓マーク・リーボー全面参加の新譜。

朝のステーキ
朝のステーキ福岡史朗

ギンジンレコード 2010-12-15
売り上げランキング : 32592


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト
2011年05月31日 | 音楽

05.26. Happy Birthday @ 渋谷LUSH

happy869.jpg

このときに見て気に入ったガールズバンド。お誘いいただいて二回目のライブ。

対バンのバンド見て「学生のサークルみたいだな」と思ってたら、ほんとに大学生企画のイベントだったみたい。
彼女らの出番の直前に業界人がどんどん入ってきて、思わず

金になりそうな子供に群がる胡散臭い大人なう  俺が


とつぶやいた。ちょっと自虐的で面白い気分になっただけで、他意はないです。

Happy Birthdayはデビューに向けてポップ寄り、歌モノ寄りになっていて、俺としてはちょっと物足りなかったが、彼女らの芯はしっかりしているし、間違いないだろう。
10代の少女たちのカリスマになって欲しい。
2011年05月31日 | 音楽

05.19. sakana インストアライブ @ タワーレコード新宿

sakana77594.jpg

sakanaaaaa.jpg

タワー新宿でさかなを見るなんて、初めてのことでなんだかこちらまでソワソワしてしまう。
しかしお客さんも顔馴染みも多いし、さかなはまったくいつも通りのさかなで、楠さんのパーカッションも入った素晴らしい演奏でした。

ポコペンさんが本当にその場の思いつきで中村まりをステージに上げ、でも次の曲は中村まりが歌ったことの無い「bountifully」。中村まりは完全アドリブでコーラスつけてました。その後、予定していた「ロッキンチェアー」を「雨音」に変更してもう1曲二人で歌って終了。
ロッキンチェアー聞けなかったのは痛かったけど、これはこれでお客さんもサプライズに喜んでたようです。


【setlist】
1. angelique
2. lupinus
3. sky
4. 惑星-2
5. bountifully (w/中村まり)
6. 雨音(w/中村まり)

この後の飲み屋であったことは、事細かく詳しく、ボッコボコに書こうと思っていたのだが、俺とあのPPM親父だけの問題ではないし、やはりそのときの自分のつぶやきだけサラっと残しておくことにする。1人熱くなってしまった俺は、ああいう時にどういう対応を取ればいいのか学ばなければならない。

飲み屋のクソPPMオヤジがポコペンさんにギター教義してるのを俺は耐えられなかった夜 でした  皆さんは大人だったけど俺だけは許さない


この世で最悪なのは社会的にうまくやりながらPPMコピーしてる音楽好きのオッサン

2011年05月22日 | 音楽

05.17. サラ・バリレス @ 渋谷Plesure Plesure

saraa002.jpg

「Love Song」というシングルが大ヒット。セカンドアルバムは全米初登場1位を記録した女性SSWだそうで、年齢幅の広いお客さんが熱心に声援を送っていた。ふーん。若い女の子が終演後泣いてたり。

本人とても明るくてキュートな人柄で、音楽もポップで楽しくて、これほど演奏者も客も「ひねくれてない」ライブを見たのは久しぶりかもしれない。客を二つに分けて二つのコーラスパートを歌わせて掛け合わせるのとか、普通に面白かったな。

彼女はこの翌日から被災地に向かい、瓦礫作業などを手伝ったそうである。
サラ・バレリス、初来日公演大盛況! 「日本のために何かをしないといけない」
2011年05月22日 | 音楽

ブラック・スワン / ダーレン・アロノフスキー

blackswanp.jpg

『レスラー』のダーレン・アロノフスキーがこんな映画を撮るとはねえ。

サスペンス的な部分は、もっとドロドロの心理戦みたいなものを期待していたので、意外と説明無く「痛い」とか「音」とかで驚かせるようなベタなものでちょっと物足りなかった(とはいえ、リビングの肖像画がいっせいに動き出して、ニナが絶叫するシーンは下半身まで鳥肌が立つほど怖かった)。

しかし、ナタリーポートマン1人の演技がすべてを回収するという構造はこの劇中バレエそのもの。
最初から最後までナタリーポートマン映画でしたね。圧倒的でした。
2011年05月22日 | 映画

冬の小鳥 / ウニー・ルコント

huyunokotorip.jpg

こちらはイ・チャンドン(『オアシス』)が気に入ってプロデュースを買って出たという韓国=フランス合作映画。
ポン・ジュノ(『母なる証明』)が本作を2000年代最高の映画の1本に選出。

静かな語り口は嫌いじゃなかったが、予想を超える展開・演出が無かったか。
ラブレターって、今の若者にもあるんですかね。

2011年05月22日 | 映画

ソフィアの夜明け / カメン・カレフ

sofia48p.jpg

また早稲田松竹。2本立て。

一昨年前の東京国際映画祭でアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ(『アモーレス・ペロス』)が絶賛、ブルガリアの新人監督がトリプル受賞したという触れ込みの作品。

元ドラッグ中毒患者でアル中のダメ芸術家の主人公のダメっぷりがゾクゾクするほどで、彼女を罵倒しまくるシーンとか最高なのだが、うーん、終盤に失速して、唐突に終わってしまった感があった。

そして、見終わって知った事実だが、この主人公を演じたフリスト・フリストフ、撮影終了間際に死んでしまったそうなのである。あの終盤の編集はそのことが関係あるのか無いのかはわからない。
2011年05月22日 | 映画

わたしを離さないで / マーク・ロマネク

watashiwohanasanai64p.jpg

やっぱり原作のよく出来たダイジェスト版のような映画だった。
ヘールシャムの描写が少な過ぎてこの3人の絆はイマイチわからないのでは・・
キーラ・ナイトレイ演ずるルースも、演技自体は良かったのに、原作にはもっとたくさん絶妙なエピソードがあって、全然これじゃ甘いよ!と物足りない。

「BOY A」「ソーシャル・ネットワーク」と良い演技を見せたアンドリュー・ガーフィールドはここでも良かった。アンドリュー・ガーフィールドのウィキより引用↓

【エピソード】2010年8月、テリー・ギリアムがロックバンドアーケード・ファイアのマディソン・スクエア・ガーデンでのライブを撮影した際、アシスタントを務めた。(wikipedia)


なんだよこの情報。


原作はもう読まなくていいやって人はいいけど、原作読もうと思ってる人はこの映画を先に見ない方が良いかもしれない。
ネタバレもそうだけど、あの凄い小説との出会いが台無しになってしまうかもしれないからだ。

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)カズオ・イシグロ 土屋政雄

早川書房 2008-08-22
売り上げランキング : 92


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



2011年05月22日 | 映画

リトル・ランボーズ / ガース・ジェニングス

littleran9p.jpg

早稲田松竹でラスト割。

主演の少年二人はまったくの新人だそう。
学校一の問題児カーターが素晴らしすぎて、二人がケンカするシーンあたりからポロポロ泣きながら見た。

2011年05月22日 | 映画

05.07. 中村まり×塚本功 @ lete

DSC00847.jpg

DSC00822.jpg

DSC00838.jpg

二人のソロセットも素晴らしかったが、共演では普段見られない部分も引き出された。

塚本さんのセットで、ハーピスト、中村まりを見た。すんげえ面白かった。
こりゃなかなか見られないよ。

「Caught in a Roundabout」の塚本さんのギターとか、サッと合わせてる感じなのにマっジすげえ。カッコ良すぎ。
ネタンダーズの曲を二人でハモるのも新鮮。

あとこの日は塚本さんが岡村靖幸「カルアミルク」を弾き語りした。けっこう驚いた。

レテの空間ならではという部分ももちろんありつつ、もっと大勢の客の前で見たいという気持ちも。


【中村まりセットリスト】
Little House
Mother Nature's Son (Paul McCartney)
Stranger
Light Hearted Train
Johnny's Garden (Stephen Stills)
Black-Eyed Susan
Sliding Delta (Mississippi John Hurt)
When the Day is Over
Still in the Sun
Night Owls
Freight Train (Elizabeth Cotten) w/塚本功
Caught in a Roundabout w/塚本功

【塚本功セットでの共演曲】
All Together Alone (Hirth Martinez) 塚本功with中村まり
Caravan (Duke Ellington) 塚本功with中村まり

【encore】
S.B.B.(ネタンダーズ) 塚本功with中村まり
Take The "A" Train (Duke Ellington) 塚本功with中村まり






2011年05月10日 | 音楽
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。