スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

プライドと偏見 / ジョー・ライト

pride_prejudice_1_1b.jpg

2005年版をDVDで見た。

監督のジョー・ライトはジェーン役の女優と婚約していたけど土壇場で破棄、今はアヌーシュカ・シャンカールと結婚してるんだって。なんだそりゃ。「つぐない」「路上のソリスト」も撮ってる人。

ちなみに私はさかなのお2人に、「このダーシー(マシュー・マクファディン)にYAくんがすごく似ているから是非観て」と言われたのでした。「似てない」という意見は全く受けつけません。

Mr. Darcy1

「YAくんにしか見えない」とまで言われました。
スポンサーサイト
2011年07月31日 | 映画

07.09. SAKANA / 中村まり @ MANDA-LA2

mariDSC01121.jpg

sakanaDSC01137.jpg

3DSC01149.jpg

4年ぶり、待ちに待ったツーマンである。

それぞれのステージも、もちろんこの日を待っていたかのような素晴らしいものだったが、最後に5曲と多めに用意されていた共演セッションは、あの4年前を凌駕する美しさだった。


【中村まりSetlist】

If Only I Had Known
Key to Your Door
This Old Map
When I'm Sixty Four (Paul McCartney)
How Sweet!
When The Day is Over
Dollar Bill Blues (Charie Jordon)
Still in the Sun
Light Hearted Train
Night Owls
Our Blue

【中村まり&SAKANA】

知識の樹(SAKANA)
Speaking with the Angel(Ron Sexsmith)
Black-Eyed Susan(中村まり)
Waiting for Something (Jesse Harris)
-------encore-------------
Dear My Friend (SAKANA)


どうでしょうこの共演セットリスト。あの「Black-Eyed Susan」にポコペンさんのコーラスと西脇さんのギターが加わるという。そういえば、4年前にはまだ存在してなかった曲だ。

中村まりがHMVのサイトで発表した無人島の10枚でもフィーチャーされた「Dear My Friend」が、おだやかに、美しく、アンコールで演奏された。

我々はこのツーマンを見るまでに、またあと4年待たねばならないのでしょうか。
2011年07月19日 | 音楽

07.08.MONOBRIGHT @ YEBISU LIQUID ROOM

acme-2_01.png

ビークルのヒダカトオルさんが加入したり、連続リリースなどで話題は大きくなっていたけど、いやースターでしたよ彼ら。
力強い演奏で、若い女の子たちが精一杯盛り上がってました。

この夜はもうひとつ仕事で行かねばならぬライブがあり、アンコールは見られず。
2011年07月19日 | 音楽

07.06. AKRON/FAMILY / 不失者 @ SHIBUYA WWW

event0609_akronfamily_flyer.jpg

やーっと灰野敬二さん見られたー
最初は前方のメインスピーカーの前に居たのだが、鼓膜が物理的にブルブルと震えて、「あ、このままだと鼓膜破れる」と思ったので後方に移動しました。

灰野さんに触発されたのか、アクロンも異常なくらいデカい音で、そこに灰野さんがギターでさらに乱入してくるっていう・・・こんなにデカい音を聞いたのは生まれて初めてかもしれない。しかもそのノイズ・セッションが驚くほど長い・・

アクロンはフォーキーな部分とのコントラストもライブの魅力のひとつだし、正直、さすがにもうちょっといい音響で聞きたかったですよ。

アクロンのメンバーも灰野さんをリスペクトしての共演だったようだが、さすがに「マジかこの人、まだ弾くのか」くらいに思ったのでは。

2011年07月19日 | 音楽

水曜日のエミリア / ドン・ルース

emilia1b.jpg

ここ数ヶ月でナタリーポートマンの出ている映画が日本で何本公開になったことか。
これは主演だけでなく、製作総指揮までこなした作品。
 
派手ではないが、丁寧に人間ドラマを描いた、とてもよい映画。
マジで見てよかったわー

「フレンズ」のフィービー(リサ・クドロー)がちょっと狂った元嫁役で出ていて、いい演技をしてるのはフィービーファンとしてはうれしい限りなのだが、想像以上に老けていてちょっとショック。

2011年07月19日 | 映画

バベル / アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

babel128ec369.jpg

「ビューティフル」でイニャリトゥの世界に浸りたくなり、DVDで見返した。
大きな違いはこの前作まで、脚本がギレルモ・アリアガであること。

菊池凛子は「しゃべりくり07」とかでキャラを知った後かどうかでイメージ変わるわー
たしかにすごい存在感だが、半ば「素」だったのではとすら思う。


この映画でなくてもいいのだが、ちょっといくつか目にする「結局何が言いたかったのかまったくわからない」っていう批評は、わかりやすく何かテーマを差し出されなければ何も感じることができない自分をさらけ出しながらそれを作品のせいにするっていう、最低の行為だと思う。恥ずかしくないのか。
2011年07月18日 | 映画

07.03.ももいろクローバーZ @ ZEPP TOKYO

momokuro0.jpg

この全力のステージを日に3本。
しかもインターバルが30分やそこらでこなす彼女ら、尋常じゃないと思います。

汗だくで、MCの途中で息も切れているのに、満面の笑みで踊る。
これはなんだろう、何かを思い出す。
ああ、あれだ、東京デスロックの「再生」だ。
現在、「再/生」上演中。


この日はいくつかソロの曲をはじめて聞いたけど、「だって、あーりんなんだもーん☆」という曲がなんだかもの凄かったな。
アイドルというのは、ここまで自分を肯定していいのか。
まあそういうもんか。自己紹介からして「あーりんのほっぺは?」「ぷにっぷにー!」だもんな。




この第二部では名曲「ココ☆ナツ」をやらなかったのが残念。

2011年07月18日 | 音楽

Super 8 / J・J・エイブラムス

super82p.jpg

なんだか「LOST」を思い出すなあ、と思っていたら、そうか、J・J・エイブラムスってまさに「LOST」の人だったか。

決して退屈はしないけど、展開の無理をいくつも指摘出来る。
キャラ設定や伏線も丁寧なのだが、なぜか感情移入がそんなに出来ないまま終わってしまう。

スピルバーグのSF映画へのオマージュということみたいね。
そういう意味ではよく出来てました。


映画の最初の方でテレビからスリーマイル島原発事故のニュースが流れてハっとした。
関係ないけど、この映画の最終トレイラーとフライヤーが公開されたのは2011.03.11.だったそう。ほんとに関係ないけど。
2011年07月18日 | 映画

06.29. おおはた雄一 / Lonesome Strings and Mari Nakamura / Port of Notes @ SHIBUYA CLUB QUATTRO

quaDSC01107.jpg

ツアー6月の部、最終日はクアトロのイベント出演。
バンドは名古屋から車でクアトロに直行したのである。

楽しみにしていたこの日も素晴らしかった。

畠山さんの歌声は柔らかくて美しくクアトロを包み、久々に見たおおはたさんはより即興性を増し、よりブルースに、よりグルーヴィーになっていた。

Lonesome Strings and Mari Nakamuraは1曲目で大きなハウリングが2度ほど起こりハラハラしたが、後半は落ち着いてツアー通りの見事なプレイが堪能できた。
しかし、磔磔のPAの方にはツアーについてきて欲しいくらいだ。それほど磔磔の音は素晴らしかった。

Lonesome Strings and Mari Nakamuraセットリスト

Bound to Fall
Going Down to Road Feeling Bad
Lonesome For You
Heart Like a Wheel
Viola Lee Blues
I am a Man of constant sorrow
Ghost Town Dance
Hard Travelin'

quaDSC01108.jpg

中村まりがおおはたさんを挟んで畠山美由紀さんとデュエットする日が来るとは・・
曲はBooker Tの「Jamaica Song」。

出演者たちもこのライブが終わってしまうことを惜しんでるような大団円でした。
2011年07月03日 | 音楽

06.28. Lonesome Strings and Mari Nakamra @ 名古屋TOKUZO

tokuzokore1DSC01063.jpg
TOKUZOもとても良いハコでしたね。
二日目だけあって、演奏もより素晴らしかった。

tokuzo0DSC01052.jpg
「Some Happy Day」で松永さんのベースがドーンと入ったところから次の「Heart Like a Wheel」まで、なぜか涙が止まらなかった。のは必死に隠した。多分バレてないと思う。

tokuzo3kyakuDSC01060.jpg
「名古屋は読めない」と言われてちょっと心配だったお客さんも満席立ち見の盛況でした。

tokuzo5DSC01088.jpg
打ち上げ。この30分後くらいに俺は夜行バスで7時間かけて東京→仮眠→出社→クアトロへ。
そこそこのHard Travelin'である。


【1部】
Dueling Banjos
Cuckoo Bird
Lonesome For You
Going Down the Road Feeling Bad
Fishin' Blues
Rocky Raccoon
John Henry *1
Black-Eyed Susan *2
Night Owls *2
Don't Think Twice , It's All Right *2

【2部】
Snow Queen~Deja vu *3
Inbetweenies *3
Bound to Fall
Last Kind Words
Viola lee blues
I am a Man of constant sorrow
Ghost Town Dance
Hard Travelin'

【encore】
Midnight Rider
Some Happy Day

【encore2】
Heart Like a Wheel

*1 中村まり&桜井芳樹
*2 中村まりソロ
*3 Lonesome Strings

2011年07月03日 | 音楽
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。