スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

01.12./ 01.14 sakana 2days @ 吉祥寺MANDA-LA2

sakanatatsuyakatsui.jpg

この2デイズは中村達也さんと勝井祐二さんが参加する初日と、2人だけで演奏する2日目。
両方見なきゃダメでしょう!と思って2デイズ取ったんだけど、2日目も中村達也さんが参加するというサプライズ。

2日とも、なかなか衝撃的なさかなが見られました。
4人とも、普段じゃ見られないアナザーサイドだったんじゃないか。

しかし、2人きりのさかなが見られなかったので、その欲求も高まる。

sakanatatsuya.jpg

超貴重なヘン顔スリーショット。
スポンサーサイト
2012年01月27日 | 音楽

タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密 / スティーヴン・スピルバーグ

Tintin_The_Secret_of_the_Unicorn_00.jpg

今年の映画館初めはこの映画だったのか。わけわからん。

フルCGで映画を撮る、ということの意味を考えた。
多分こういうのもメイキングを見ると見え方変わるんだろうな。

↓この予告編で言うと1:10から始まる映像がすんごかった。

2012年01月27日 | 映画

マトリックス / マトリックス・リローデッド / マトリックス・レボリューションズ / ラリー・ウォシャウスキー&アンディ・ウォシャウスキー

mtrix401.jpg

51KT0XAV7SL.jpg

matrickreL.jpg

まさか3連休の半分マトリックスでつぶれるとは思わなかった。
初作と、そのブルーレイに収録されてたメイキング映像を観て激しく感動し、どうしても止まらなくなって近所のレンタル屋に走ったのである。

この映画が公開された頃は、ハリウッド大作なんて観ちゃいけない、くらいの価値観だった。
そんなワタクシもいまや生まれて初めて、NHKの朝の連続テレビ小説と大河ドラマすら嬉々として追っている。
「丸くなった」とはこんなとこにも現れるんですな。

メイキング見て初めて知ったこととして、この映画、まったくの新人兄弟監督の持ち込み企画だったこと。
カンフーのシーンなどは、8ヶ月に及ぶ特訓が行われた、スタント無しの撮影だったこと。など。
キアヌ・リーブスの完璧主義とかにもホレちゃったよもう。

「攻殻機動隊」に影響を受けていると公言しているそうだけど、最後の戦闘シーンは、完全にドラゴンボールだよね。
2012年01月27日 | 映画

猟奇的な彼女 / クァク・ジェヨン

ryokiryoki.jpg

とはいえ、これは見る必要なかったな・・
何度か止めかけたが、最後まで見て、大ヒットの理由はわかった。

キム・ギドク、ポン・ジュノ、イ・チャンドンなどが好きで、韓国映画の話題作は見なきゃいけない気になってたが、これは日本で言う「セカチュー」とかそういうやつじゃんか。そりゃそういうのもあるってのをなぜか気づかなかった。

数年前、呑み屋でたまたま隣に座った韓国人に嬉々として韓国映画の話をしたが、俺のがずっと詳しくて、話にならなかった。
俺が「ワンピース」とか「ハンターハンター」とか読んでないのと一緒だな。
他国のヒット作の方がチェックしなきゃ行けない気になるっていう、ヘンな逆転現象。
2012年01月27日 | 映画

ディパーテッド / マーティン・スコセッシ

departed008.jpg

これももう6年も前の映画なのか。せいぜい3年くらいかと思ってた。そういうこと増えてきたよねえ。

『インファナル・アフェア』(しかも見てない)の出来の悪いリメイクと聞いてなんとなくスルーしていたんだけど、スコセッシのスピーディな編集が決まりまくってる傑作じゃないか。

『インファナル・アフェア』もレンタル予約。ストーリー忘れた頃に観よう。

スコセッシ・ファンなら冒頭の「ギミ・シェルター」でニヤリ。

2012年01月27日 | 映画

ユージュアル・サスペクツ / ブライアン・シンガー

usualsuspects40.jpg

こういう、「実は見たことないんだよね」っていう、そしてDVDで見てもまず退屈しないだろうって作品をつぶしていくことに。

いわゆるドンデン返し系のエンターテインメントだが、いやー面白かった。見終えた後もう1回途中まで見返しちゃったよ。
カイザー・ソゼ!




2012年01月27日 | 映画

ミス・ポター / クリス・ヌーナン

misspoter_l.jpg

年末年始は結構部屋に篭ってDVDを見た。

ピーターラビットの作者の半生を描いた映画。
あらゆる作品には、それぞれ背景にも物語があるんだな。

2012年01月27日 | 映画

12.27. 福岡史朗 @ 下北沢lete

fukuokashiro.jpg

2011年のライブおさめはレテで福岡史朗さん。

新譜「朝のステーキ」の曲を1部でほぼ総て披露、後半はこれまでの代表曲を、という至福のライブでした。
次はまた爆音で聴きたい。

持ってなかったアルバム「サンダルブルース」を買ってサインをもらう。
年末はこの素晴らしいアルバムを聞きながら大掃除をして、すっかり年末のイメージが焼きついてしまった。

サンダルブルース
サンダルブルース福岡史朗

ギンジンレコード 2008-04-14
売り上げランキング : 317963


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


朝のステーキ
朝のステーキ福岡史朗

ギンジンレコード 2010-12-15
売り上げランキング : 50627


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


福岡さん、ほんと素晴らしいので、もっともっと多くの人に聞いて欲しい。





2012年01月24日 | 音楽

12.25.ももいろクローバーZ @ さいたまスーパーアリーナ

news_large_momocloZ_1225_06.jpg

よくももクロのライブで泣いたとか書いてるけど、比喩的な意味で、本当に泣いてるわけじゃないよね?と思ってる人も居ると思うけど、本当に涙を流してます。

でもね、俺はももクロを音楽的に評価してる人はよくわからんのです。
もちろん好きな曲はいっぱいあるけど。

ものすごい音楽詳しい人が去年のベスト100みたいのをツイッターで100位から1ツイートづつ公開してて、本当にものすごい詳しいの。100枚のうち、知らないのも一杯あるし、基本的にUSインディーとか、音楽ファンを納得させるランキングを発表してて、その人の1位がももクロだったりする。

それは無くない?さすがに。
感情移入装置じゃね?

news_large_momocloZ_1225_12.jpg

この日は、れにちゃんが感極まって涙声になって歌えなくなって、その瞬間にお決まりのコール「笑顔がいちばん、れにちゃーん!」というのが1万人によって響き渡った時に泣いた。

news_large_momocloZ_1225_16.jpg

一番好きな曲は普通に「行くぜっ!怪盗少女」。推しメンはしおりんです。

2012年01月24日 | 音楽

12.24.中村まり @ 六本木ヒルズアリーナ

DSC01593.jpg

24日に六本木ヒルズで行われたクリスマスライブ。安宅浩司さん、原さとしさんとの3人で、スタンダードなクリスマスソングを何曲も交えて展開された貴重なライブ。

DSC01589.jpg

リハーサル風景。この日はまだ日差しがあってよかった。

DSC01592.jpg

クリスマスイブの六本木ヒルズに彼女の歌うクリスマスソングが響き渡る。

コアな音楽ファンでも何でもない、普通の人たちも多く集まったという点も新鮮。
ラブソングを1曲フィーチャーするということで、歌われたのは「Till There was you」。

【Setlist】

1. A Brand New Day
2. Christmas Times A-Coming
3. Rudolph the Red Nosed Reindeer
4. Black-Eyed Susan
5. Going Back to My Home
6. Frosty the Snowman
7. Till There Was You
8. Night Owls
9. Sleigh Ride

DSC01601.jpg

ポスターに出演者のサイン。
前日には菊池成孔さんが出演している。
畠山美由紀さんはこの格好で出たんだろうか。そんなわけないか。
2012年01月24日 | 音楽
 | HOME | OLD »»

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。