スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ディア・ドクター / 西川美和

deardoctor.jpg

西川美和最新作。
公開初日に見ちゃった。

『ゆれる』ほどまでの傑作では無いにしろ、絶対に見ておくべき作品でしょう。

八千草薫が素晴らしい。
キライだった瑛太もかなり良くて、好きになった。

気胸の大ピンチを切り抜ける場面、手を振る八千草薫の場面がフラッシュバックされて吐血する場面など、手に汗握るようないいシーンもたくさんある。

ウソ、責任、逃亡、愛、集団心理・・
いくつものテーマが多重的に描かれるから物語の奥行きが出る。
(ただ、最後の最後のシーンは、俺は要らなかった。)


若い西川監督、こんな脚本よく書けるよなー

nishikawa00.jpg

↑二つ上で早稲田一文なんだ・・共通の知り合い居そう・・


さて、次はウディ・アレンとエヴァと松江哲明。
「扉をたたく人」も見たい。
2009年06月29日 | 映画

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。