スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

奇想の王国 だまし絵展 @ Bunkamuraザ・ミュージアム

o0248035110198889071.jpg

絵はあんまり見ないんだけど、行くと予想以上に感動するので、誘われたら行くことが多いんだが、いつも驚くのが、人の多さである。

みんなそんなに絵とか好きなんだっけ?
ごく普通の人たちが集まっているように見える。(まあこの展覧会は特にそうだろうけど)

映画でも音楽でも演劇でも小説でも、一般人が集まるのは、最新の話題のものだけ。
古いものやマイナーなものに集まるのは、ファンやマニアや関係者である。

絵はむちゃくちゃ古いし、テレビとかでやらないけど、美学生やマニア以外の、一般の人がたくさん集まるのだ。なんで?

相方と話し合っても、イマイチその理由が腑に落ちなかった。誰か教えて。


一番驚いたのはこれ↓実物、動くんだぜ。「なんで?なんで?」と声に出して興奮してしまった。
newkore673_2.jpg

↓タイトル「誤った遠近法」。ポストカード買っちゃった。

ENKIN.jpg
2009年08月04日 | その他・雑記

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。