スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

大不況には本を読む / 橋本治

大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
大不況には本を読む (中公新書ラクレ)
中央公論新社 2009-06
売り上げランキング : 21571

おすすめ平均 star
star題名で衝動買いするべからず
star頭を使え!
star異色の経済本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


経済には人並み以下の興味しか持てないようだ。
株の仕組みもよくわかってないし、友達が株をやってたりすると未だにビックリしてしまう。
なんで株をやろうと思うのか、その思考にどうやっても辿りつかない。

そんな私でも実感するほどの大不況だから、好きな作家が書いた経済本を手にとってみる。
それもタイトルが「大不況には本を読む」である。


筆者は「右肩上がりの経済は終わった」ということを、過去の歴史を紐解きながら説明していく。
面白く読めたけど、これ、経済学者が読んだらどんな感想を持つんだろう。

本質的な指摘だけを引用するけど、これは能天気な本などではなく、作家が考える経済本として間違いなく正しいんだと思う。

「大不況が収束したらどうするのか」と考える、「その時に我々はどう生きるのか」と考える、このことだけが、この大不況を収束しうる根本の力となりうるのです。

その点で言えば、もう「どこに戻るべきか」はハッキリしています。我々が「この先どう生きて行ったらいいのか」と考えていた時、「それを考えなければいけないな」と実感していた時にまで、戻るのです。



二者択一になればもちろん、「現実的」である方が勝って、そもそも日本人には「どう生きるかなどという面倒なことは考えず、仕事という実際的な行為に集中していればよい」という傾向があるので、人間のあり方というような面倒な問題はあっさりと排除されてしまいます。「どうすればいいか」でふらつく日本の哀しい現在は、そこに由来するのだろうと、私は考えるのです。



それはつまり、「本」というものが、人の「考える」という行為を共同で成り立たせるものだからです。(中略)
たとえば、この本にある「経済の話」は、「こうすれば景気は回復する」とか「こうすれば世界経済は立ち直る」というような種類の話ではありません。どれもこれも「普通、こんなふうに経済のことは考えないけれど」というような質の話ばかりです。だから「それでなんなんだ?」「この人は何が言いたいんだ?」ということにもなるのですが、それもまた「本」なのです。

2009年12月22日 | 本・漫画

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。