スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

フローズン・リバー / コートニー・ハント

frozenimg_poster.jpg

映画の日、シネマライズで。見終わって外に出ると渋谷も雪が降り始めていた。

これは見逃してはならない、ヒリヒリするような傑作。
これが長編デビューの女性監督。すごい。

感情を揺さぶられながら、終わってしまうのが惜しいほどあっという間に見終わってしまうのは、サスペンス的な演出の上手さでしょうか。
最後の仕事でパトカーに見つかり、氷の薄い「フローズン・リバー」を渡るときの緊張感。

追い詰められた人間のどうしようもなさ、という意味でケン・ローチを思わせるも、最後の展開に見える希望に涙させられる。

子供の存在を描く上手さとかも緻密で素晴らしい。

いい映画見た!
2010年02月02日 | 映画

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。