スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

青年団リンク 二騎の会 『F』

f.jpg

作:宮森さつき
演出:木崎友紀子
出演: 端田新菜 多田淳之介

多田淳之介が演出ではなく、出演側。
しかも発端は端田さんが二人芝居をやりたい、ということだったらしい。意外。

『一月三日、木村家の人々』という大傑作の後だが、これまた胸をしめつけるような傑作でした。

ロボットを通して「人間性」を問う、パターンとしては珍しいものではないけど、時代設定や人物背景やロボットの細かい設定が素晴らしく、作品をとても奥深いものにしていた。


例えば「人間になりたいよ!」と「俺」が嘘をつく脚本。
「学習」してやさしい嘘をついたことがわかる流れがカンペキすぎて、それ以上の説明が要らない。

いい脚本っていうのはこういうことだ。
宮森さん、ほんと素晴らしい。


俳優、多田淳之介を久々に見たが、めちゃくちゃ良かった。
何度もいろんなシーンを思い出している。

あんなに切ない「ワーイ!楽しいな!」というセリフがあるだろうか。
2010年02月08日 | その他・雑記

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。