スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

05.08. ALL BLUES @ 下北沢GARDEN

allblues53242.jpg

韓国ガールポップからこの最高に渋いラインナップのオールナイトイベントに移動
(写真はすべてネットから適当に拾った別の日のものです)。

0503littlefats6411.jpg

着くとリトルファッツが既に場を盛り上げている。
演奏もネタもほぼいつも通りだけど、おそらく初めて見る人が多いお客さんたち、バカウケです。そりゃそうだよなーあれは。最初に見た時の衝撃は忘れない。

041003azuma530.jpg

続いて吾妻さんはバッパーズよりちょっと少ない編成。
「福田さんはカッコいい」まだまだやる気ですねあれは。もちろん最高ですが、やっぱり初めて聞いた人は古さを感じるのではと若干不安にも。
ツイッターソング「ガンボ・ドゥ・ツイッター」を聞けることを楽しみにしていたのだけど、この編成ではやらないようで、残念。

machirudaIMG_7492.jpg

踊ろうマチルダ。
古いフォークのようでブルースのようでジャズのようで映画音楽のようで、メロディも歌詞もくっきりと立っていて、めちゃめちゃかっこよかった。
バンド名の由来を「放浪」を意味する、と説明していたけど、どっからどう聞いてもトム・ウェイツでしょう。しゃがれ声で、あのメロディで「ワルツィン・マチルダ」って歌ってるじゃんか。

61_hatch.jpg

DJタイムを考えて、そろそろ終電が気になってきたところに、ハッチハッチェルバンド。ナイス!(というのはこのイベントタイムテーブルが公表されてなかったのです)
俺も2~3回しか見たことないのに、ハッチさんがバカウケしてるのがなんかうれしい。

news_large_THE_BAWDIES.jpg

終電15分前、SEのサム&デイヴに乗ってボウディーズ登場。
ものすごくざっくり言えばミッシェルガンエレファントをソウル寄りにして英語で歌う若いロックバンド、なのだが、さすがにこの時間帯、充分に酔っっぱらったお客さんがストレートに盛り上がるには一番で、これでもかと盛り上がっていた。こう見ると、ボウディーズがメインアクトだったんだな、と。

いうところで、理解したことにして、迷った末に早足で終電に滑り込んで終了、としました。まあその後も呑んじゃったけどね。
2010年05月11日 | 音楽

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。