スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

07.31. フジロック 2日目

二日目は朝食食べた後、サボって二度寝。昼からごそごそ出ていった。

DIRTY PROJECTORS

dirty_red.jpg

昨日のステージがあまりに良くて、もう一回見ちゃった。
内容はまったく同じだったけど、やっぱり素晴らしい。


小坂忠 with 鈴木茂,中野督夫

kosakachu.jpg

アヴァロンに着くと「機関車」が始まるとこだった。ナイス。
「ありがとう」など名曲連発するも、鈴木茂の「花いちもんめ」がやはり一番来た。
おかえりなさい茂さん。


THEATRE BROOK

theatrebrook.jpg

へヴンでゆったり遠めから。
佐藤タイジのMCって常にスベってる印象だ。
このとき、裏でマーズヴォルタの二人がホワイトに出ていたらしい。
くーこれは猛烈に悔しかった。VATO NEGROって知らないよなんだよそのバンド。


MORIARTY

moriaty2.jpg

フランスの無国籍ルーツ・ミュージック・バンド。
かなり期待して行ったのだが、そして良かったのだが、意外と地味だった。
ギターの彼の動きは好き。
なぜか、ここで友達やら後輩やら仕事関係の人やら一番多くの知り合いに会った。なぜここ?


KITTY DAISY&LEWIS

kittydaisy.jpg

さて期待のイギリスのルーツ志向のファミリーバンド。こちらは派手だったのだが、演奏力が決定的に足りていなくて、かなり不満が残る内容だった。
トランペッターゲストに呼んで、スカ始めて、おいリズム悪いよ!って。

でも評判かなり良かったみたいね。うーん、あれでいいのかみんな?コンセプト負けしてるぞ。


TROMBONE SHORTY&ORLEANS AVENUE

trombone64.jpg

それに比べて彼らの恐ろしいほどの演奏力とグルーヴ。
おいおい今年のフジロックはブラックミュージックが薄いって?
彼らを見てから言ってくれ。

正直、アルバムは中途半端なロックとのミクスチャーが要らなくてあんまり好きになれなかったんだが、生で見て完全にブっ飛ばされた。

お客さんの「上がり具合」も今年最大だった気がする。
俺も上がったもんなー。

グルーヴ。音楽はグルーヴだよな。
今年のベスト・アクトとさせてください。


ザ・クロマニヨンズ

quromayons.jpg

とはいえ、ヒロトとマーシーの元気な姿を少しも見ずに帰るわけにはいかない。
「タリホー」は最後だと思ってたから、序盤にやってくれてうれしかったよ。

と満足してジョン・フォガティに移動しようと思ったが、異常な混みで全然進めない。
ホワイトとグリーンの交通は今後の課題なんじゃないかと思う。


JOHN FOGERTY

johnfogerty2386.jpg

どうやら「雨をみたかい」には間に合わなかったようだ。
しかし、CCRの代表曲を連発してバリバリにリードギターを弾きまくる彼の姿には感動してしまった。
エディ・ヴァン・ヘイレンと同じギターでライトハンドまでやってたよ。
ラストはもちろん「プラウド・メアリー」である。

と同時に、大雨が降り始める。だー今日も夜になってやられたか。


FISHBONE

fishbone658.jpg

素晴らしかったんだが、雨宿りの客も含めて大混雑でステージに近づけず、数曲で諦める。前で見られたら最高だったろうなー。


ROXY MUSIC

roxyroxymusic.jpg

ファーストの1曲目を1曲目にやってくれたし、数曲見たらデレク・トラックスに移動しようと思ってたんだが、とりあえず入場規制がかかってて全然行列が動いてない。
まあ今ホワイトはザック・デ・ラ・ロッチャが出てるしね、しょうがないや、少し待とうと、ロキシーをもう少し。
ザックが終わる頃、またそちらを眺めるとあれ、まだ動いてない。
しかしロキシーカッコイイな。まあデレクは持ち時間長いし、もうロキシー最後まで見ちゃおうと、モッシュピットまで行って踊る。

布袋が出てきてうれしそうにギター弾いてた。

ああ、やっぱりレジェンドというのは違うな、最高だったな、と改めてデレクに向かうと、

え、まだ?まだ入場規制解除されてない?
ここで、これはもう俺はデレク・トラックスを見られないんだという現実を知ることに。

最初は迷ってたくらいんだったけど、見られないと思うと本当に悔しい。
とんでもないプレイをしたに違いない。

derektrucks.jpg

日高さん、グリーンとホワイトの交通、課題だと思いますよ。
渋滞はもうイヤです。


FLOGGING MOLLY

flooging.jpg

なんか食べて帰るかと苗場食堂付近をうろうろしてると、マーキーからケルトのフィドルが聞こえてきて、ああそういえばFlogging Mollyってそういうバンドだった!と思い出してマーキーにかけつける。うん、良かった良かった。
2010年08月05日 | 音楽

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。