スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

オカルト / 白石晃士

okarutoL.jpg

一部で熱狂的な評判を聞いて、あまりなじみの無いジャンルだが見てみた。
うーん、やっぱりなじまないというか、それなりに面白かったのだけれど、どこがそれほどすごいのかは俺には全く持って理解出来てないんだろうな。

「意外とベタじゃん」っていうか。
鈴木卓爾のシーンがちょっと狂っていてあのラストシーンを見た後から思うと恐ろしいシーンだったな。

渡辺ペコ先生と黒沢清監督が本人役で登場。
ペコ先生の「憑依」演技にはプっと笑ってしまった。ごめん先生。

あとこの監督が「タカダワタル的ゼロ」を撮ってるという事実に驚いた。

2011年03月07日 | 映画

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。