スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

サウダーヂ / 富田克也

saudade957p.jpg

映画を支配する余りにリアルな甲府の閉塞感の中に、三時間でも足りないほどのテーマが詰め込まれてた。
圧巻でした。

詳しくはこちらを↓。

MUSIC MAGAZINE 2011年 12月号 [雑誌]
MUSIC MAGAZINE 2011年 12月号 [雑誌]
MUSIC MAGAZINE 2011-11-19
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


biwacovicさんの、観た直後の興奮がそのまま伝わってくるこのレビューに、「まるでこの映画そのもののようだ」とショックを受けて、その日はもう原稿が書けなくなってしまった。



公開2日目の最終回に見たのだが、アフタートークの富田監督のほかに宇多丸さんと田我流さんがゲストで、面白い話もたくさん聞けた。

・あの田我流の独り言がだんだんラップになっていくシーンは、40テイク以上、すべて即興のフリースタイルで撮った
・ヤクザの親分は本職のヤクザで、映画の中の田我流のビビりはマジのビビリ
・暴走族のシーンの撮影時、地元の商店街とモメてしまい、それを一瞬で治めてくれたのがこの本職の親分
・空族の映画の作り方は、ちょっとした偶然の出来事でどんどん変わっていく
・実際にあったことをネタにしていることが多くて、それをもう一度セリフに書き起こして演じ直すというイメージ

などなど。

そして、大分前に売り払ってしまった、BOØWYの「SINGLES」をレンタルした。
こんな形でこの曲に再会するとはね。

SINGLES(紙ジャケット仕様)
SINGLES(紙ジャケット仕様)BOφWY(ボウイ)

EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) 2007-12-24
売り上げランキング : 47871


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あと映画のスピンオフになってるこの映像も貼っておかなきゃ
映画見た人は絶対に見たいはず。


2011年11月14日 | 映画

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。