スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

エッセンシャル・キリング / イエジー・スコリモフスキ

essentialkilling.jpg

主人公のセリフなしの逃走劇と聞いていたが、あっという間だった。圧巻。

この監督の、説明を排してすべてを映像で見せていく映像作家としての覚悟に感服した。
これは「アンナ~」と2本見てやっとわかったことかもしれない。


ヴィンセント・ギャロには、この極寒の雪山で実際に何時間も裸足や薄着などでの撮影を要求し、彼は感動的なまでの態度で応えた、とのこと。

やっぱり最高の名シーンは、飢え過ぎて、道端の乳母のおっぱいを無理矢理飲む「母乳レイプ」シーン。

2012年02月07日 | 映画

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。