FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

02.04.De La FANTASIA 2012 @ 新木場STUDIO COAST

dlfflyer.jpg

The High Llamas / 細野晴臣 / キリンジ / 星野源 / ジム・オルーク / テニスコーツ / WORLD STANDARD / cero / 中村まり / 青葉市子


休みなくステージが展開されるので、本当にあっという間に終わってしまった。

ステージ3、まったく姿が見えない青葉市子さんの歌とギターを、群集の背中越しに数曲聴いて、
ステージ2のワールドスタンダードへ。
こちらはけっこう後半しっかり聞けた。なんと繊細で美しい音楽。

メインステージ、キリンジはツアーメンバーでの圧倒的な演奏。もう貫禄ありましたね。

ステージ2、ジム・オルークは見えなかったけど、多少遠めからでもその演奏のすさまじさが伝わってきた。

中村まりもステージ3で見事な演奏で沸かせた。

【中村まり with 安宅浩司 セットリスト】
1. From the Other Way Around
2. Diddie Wah Diddie (Blind Blake)
3. Hold My Little Hand
4. Caught in a Roundabout
5. Night Owls
6. Don't Think Twice, It's All Right (Bob Dylan)


メインステージ、細野さんが「しんしんしん」歌いだした時は興奮した。この詞。ラストを「僕が汚した」「きみが汚した」に変えて歌っていた。



             しんしんしん (松本隆)

             古ぼけ黄ばんだ心は汚れた雪のうえに落ちて

             道の端の塵芥と混じる

             何もかも嫌になり自分さえ汚れた雪のなかに消えて

             泥濘になればいい

             くるまがはしるしろいものはゆき

             ひとがあるくゆきはしろい

             都市の裏の吹き溜まり

             其の時ぼくは視たんだ
             
             もっと深く韻く何かを黙りこくった雪が堕ちる

             都市に積もる雪なんか汚れて当たり前だと言う

             そんな馬鹿な誰が汚した

             誰が汚した


細野さんが終わってステージ3に戻るとテニスコーツのメンバーが壁際によじ登り、空間を立体的に使ってステージを展開してたのにはなかなかやられた。そんな方法あったんか。

メインステージ大トリのハイラマズも、あの世界観をそのまま再現したような繊細で素晴らしい演奏。
次々演奏されるポップソングにただ浸る。


この出演メンバーの「ある意味」ものすごい豪華さ。
これがわかる人が2000人は集まるんだ、という事実もすごい。

アコギが出てこないステージが無い、とか。
踊れる曲がほとんど無いとか。

細野さんをキーに、この妥協一切なしのクオリティで、このサイズで、ぜひとも続いて欲しいイベントである。
2012年02月09日 | 音楽

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。