スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

02.22.Bobby Womack @ Billboard Live TOKYO

bobby2298.jpeg

ラスト・ソウル・マンのまさかの来日公演。セカンドステージに滑り込み。

歌声は衰えてはいるものの確かに健在だし、12名のフルバンド。
セットリストも完璧と言っていい。
しかし、いい意味でも悪い意味でも、完成された安心のソウル・ショウではなかった。

ボビーが不機嫌で、バンドメンバーをガンガン演奏中に叱る。
(たぶん)気分で曲を終わらせたり変えたり。
サビを歌わずにコーラス隊に任せたり。
もっとじっくり、練った演奏と歌をきかせてよっていう。

しかしそれは驚きだったし、そこがスリリングでもあったともいえる。
そしてもちろん、本物のソウル・レジェンドの一人を見られた感激は大きい。
ボビー・ウーマックよ、来てくれてありがとう。


そう、この日、ひとつ不思議な事件が起こった。

サムクックの「change is gonna come」の途中でボビーが自分の娘をステージにあげ、2番を歌わせるのだが、これがかなりの音痴で会場に緊張が走ったのだ。

一度やめさせて、PAにモニターを確認。もう一度トライさせるも、また音を大きく外す。

結局彼女からマイクを取り上げ、自分と別の女性コーラス(彼女がサムクックのお孫さん?)と二人で歌ってしまう。

まあ、ここまでだったら、「実は娘が音痴だったこと知らなくてステージであせったボビーウーマック」といったような笑い話でおしまい。

不思議なのが、翌日のステージに行った方が、翌日もまったく同じことが行われたと言うのである。

おそらく全ステージで行われたのだろう。演出?いったい何の?ギャグ?そんなひどいギャグあるかな。
謎は深まるばかりだ。


01. Intro
02. Across 110th Street
03. Nobody Wants You When You’re Down & Out
04. Harry Hippie
05. Daylight
06. I Wish He Didn’t Trust Me So Much
07. That’s The Way I Feel About Cha
08. Woman’s Gotta Have It
09. (You’re Welcome) Stop On By
10. A Change Is Gonna Come
11. Looking For A Love – Everybody Say Yeah
12. If You Think You’re Lonely Now
13. Jesus Be A Fence
14. Love Has Finally Come At Last
15. I Can Understand It – a riff of Land Of 1000 Dances – a riff of I Wanna Take You Higher
16. (No Matter How High I Get) I’ll Still Be Lookin’ Up To You



↑フジテレビnextで生中継された2日目のステージ冒頭。
1曲目にこの曲始まったときはめちゃくちゃ興奮したぜ。
2012年02月27日 | 音楽

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。