スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い / スティーブン・ダルドリー

monosugokuurusakute05f.jpg

主人公オスカーのモノローグが冒頭から素晴らしいのですぐに入れる。
あれはそうか、原作のものだろう。

最愛の人を失った母と子がそれを乗り越えるまでの物語と言ってしまえばそれだけだが、語り口が悲しくて優しくて3回くらい泣いた。

最後の展開。もし息子を持つ母親だったら、どんな感想なんだろうか。


この監督、実は初めて。
「リトルダンサー」DVDは入手済み。

2012年03月12日 | 映画

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。