スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

中学生日記 / 山下敦弘



人生でもっとも恥ずかしい時期は中学生時代。

この世に生きる者全員が経験しているはずのこの時期ならではの恥ずかしさを、こういう形で徹底的に笑いにした、もしかしたら世界で初めての映画じゃないか。

「スペルマ」「俺、最近タモリ分かるようになってきた」とか、爆笑でした。


同監督の「黄金虫」(音楽:遠藤賢司)、『土俵際のアリア』も同時上映。おもしろかった。


中学生日記、原作漫画も最高です。

中学生日記 (新潮文庫)
中学生日記 (新潮文庫)Q.B.B.

新潮社 2002-08
売り上げランキング : 380110


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2012年03月18日 | 映画

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。