スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

04.20. eEYO / さかな / 長見順 @ 下北沢BASEMENT BAR

イーヨのイベント。

nagamiIMG_2173.jpg

長見さんソロ、ブルースに留まらない、幅がより広がった感じ。
よく鳴るギルドのハコギターも相変わらずのカッコよさで、もっと聞きたかった。短い。

sakanaIMG_2189.jpg

さかなのセットに途中から外山明さんが飛び入り。
外山さん、さすがに一瞬で曲を掴むのでいいアクセントになっていたけど、ドラムが入ったことで西脇さんのガットギターが少し小さめに聞こえ、アンサンブルが少しだけ崩れたのが残念。←どれだけさかなファンなんだ

この日のポコペンさん、さかなのイベントではないことを気にして20:50くらいから「21時には終わらせなきゃね」と持ち時間をとても意識する。
20:57「まだもう1曲できるよね」と西脇さんの書いた新曲を披露(これがボサなのだがまた素晴らしい)。
続いて
「では『チャーリーブルーアイズ』を」
「長見さんより長くやってしまうなんて、なんてことを」と言いながら
「あともう1曲だけやらせてください」
と『バウンティフリー』をやって、結局21:20にさかなはその素晴らしいステージを終えました。

いや、こちらはいくらでも見たいんですよ。
だから、切り上げないなら、なぜ切り上げるようなことを言ってしまうの・・といういつものポコペンさん節でした。ホントおもしろいなーポコペンさん。

eeyoIMG_2195.jpg

イーヨという人は名前くらいしか知らなくてこの機会に見ようと思ったんだけど、いつもメンバーがすごいんだよね。
この日も久保田晴男(ビブラフォンズ、パール兄弟)、tatsu(レピッシュ)、外山明(渡辺貞夫とか山下洋輔とかたくさん)だったけど、他にも今掘恒雄とか、内橋和久とかナスノミツルとか。

少し奇形なサウンドに、芯の通ったジョアンナ・ニューサム(?相当違うな)みたいな声が乗る、アヴァンギャルド・ポップとでも言えばいいか。

スーパードラマー外山明さんがカウントを取れないことを知る。思い切りネタにされていた。(イーヨさんは完璧にSですね)

sessionIMG_2204.jpg

アンコールでは3組でセッション。
ポコペンさんの選曲でビートルズの「Dear Prudence」とT.REXの「JEEP STAR」をやったんだけど、これがまさかの(失礼)好演。

自身のセットではほぼギターソロを取らなかった長見さんがバッキバキに弾きまくって、場をさらった。
ポコペンさんが楽しそうに踊りまくる姿も最高。
2009年04月21日 | Comments(0) | Trackback(0) | 音楽
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。